スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイザーシュラハト 2009.11.27 (金)
・攻撃計画
第1案 ヴェルダン付近、ミューズ湖畔
第2案 イープル、ランス(アラス東北)中間のフランドル地方
第3案 アラス、ラ・フェール間

・第1案(大本営[最高統帥部?]作戦課長ウェッチェル中佐案)
連合軍の中核たるフランス軍撃破を志向する。
クレルモン・アン・アルゴンヌ地区への主攻撃とサン・ミュエル北方地区から西面して行う有力な副攻撃とを併用し、ヴェルダン要塞をフランス軍一般戦線より遮断する。そしてこれにより、戦闘に参加する多数のフランス軍師団を撃破し、次いでヴェルダン正面にあるフランス軍11個師団を包囲粉砕してフランス軍の人的資源に致命的な打撃を与える。これにはヴェルダンを包囲しているドイツ軍約15個師団に作戦の自由をもたらすという利点もある。これに加えて、フランス軍戦線の要点であるヴェルダンの攻略は、フランス軍に与える士気上の影響が極めて高いであろう。
この結果として、1918年初頭のフランス・アメリカ軍の攻勢は完全に挫折し、ドイツ軍はさらに要すれば全力を挙げてイギリス軍を攻撃する。

第2案(バイエルン王太子軍集団参謀長フォン・クール案)
イープル突出部に集合しているイギリス軍主力を衝いて、これをせん滅する。もしまたイギリス軍を圧迫してカレー、プーローニュを奪取すれば戦線の短縮ができる。

第3案(参謀次長ルーデンドルフ案)
アラス、ラ・フェール間地区への攻撃はソンム戦の荒廃地を通過しなければならないし、作戦距離が長大になる不利がある。しかしイギリス軍の防御工事は他方面のように進展していない、特に縦深を欠いている。この理由は、1917年春季にドイツ軍がヒンデンブルク線に退却した後初めて建築に着手したからである。また、イギリス軍がこの正面に有する兵力も比較的弱小である。
作戦距離長大の不利は、攻撃重点をアラス、ペロンヌ間のソンム川北方地区から海へ向かう機動にすることで避けることができる。
これに加えてドイツ軍はオアーズ川によりフランス軍と分離しているイギリス軍のみを攻撃する。フランス軍のドイツ軍左側に対する機動に対しては、オアーズ川によりこれを援護することができる。ゆえに、一挙に突破に奏功すればイギリス軍主力を海岸に圧迫し、フランス軍との連絡を絶つことができるであろう。

議論の末、第3案が通った。
ルーデンドルフ意見:
「ミューズ河畔からの攻撃は険峻な起伏地で実施しなければならない。これに加えて戦略上の効果は戦線を短縮できるに過ぎない。」
「フランドル地方への攻撃はカレー、ブーローニュ付近を攻略し、イギリス軍の根拠地を占領してドイツ軍の戦線短縮に利がある。しかしリース川流域は4月中旬以降路外行動が困難であるので、アメリカ軍参戦前に決戦を求めんとする要求に合わない。」
「私は諸案の利害、特に敵の弱点を考慮し、アラス、ラ・フェール間地区のイギリス軍を攻撃するに決す。“純粋な戦略は戦術に従属しなければならない”。戦術上の成功なしには戦略的効果を及ぼすことはできないということは、過去3年における連合軍の諸攻撃がこれを証明して余りある。」
『世界大戦の戦術的観察 第4巻』p.29-32



「攻撃の全行動は2段階に分ける。第1段は、第2軍、第18軍地区での広正面突撃(カンブレー・サンカンタン間の攻撃)。第2段は約14日後に開始するもので、第4軍、第6軍地区でアゼブロックを一般方向とする突破である。」
ウェッチェル中佐の手記(1917年12月12日付)、『世界大戦の戦術的観察 第4巻』p.106

第1次攻勢でドイツ軍は、本来の根本計画以外のことに走り、兵力を無駄に使ってしまった。そのため第2次攻勢が所期のように大規模なものとすることができなかった。このため、泥沼式にエーヌ正面への弱点攻撃により英仏軍の兵力を牽制しようとした(第3次攻勢)。
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/54-b62511a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。