スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・世界はオスマン軍のバルカン戦争での大敗北から、本当の近代的な軍隊ではないと認識していた。
・イギリスではこの認識だが、ドイツ・リフォーム・ミッション(ドイツ軍事顧問団?)も1914年の初め同じような考えであった。
・コンスタンティノープルのイギリス大使館は、独オットー・リーマン・ザンデルス将軍の到着と書類、イギリス海軍派遣団の復活(revitalization)に注目していた。
・実際には、バルカン戦争から学んだレッスンにより、軍を再建し、戦闘有効性が増加していた。ヨーロッパ人はオスマン軍の再建に気づいていたが、多くのより小さな進取的精神に気づかなかった。つまり、改善された訓練、諸兵科連合戦術、ダイナミックなリーダーシップ、参謀要務、戦術的な作戦手順の標準化である。その上西洋人は、オスマン軍がそのような努力を行っていたという結果を認識することに失敗した。


ずっと前に手帳にメモってそのままにしていたもの。文章おかしいからちょっと直したけど、やっぱりおかしい。おそらくOttoman Army Effectiveness in World War Iから。

Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/47-e295abf2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。