スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドイツ突撃部隊 2009.11.05 (木)
ブルシロフ攻勢が浸透戦術であるという(あるいは戦術として使った)信頼できる資料が出てくればこれほど悩むことはないのにw

今さっき考えついたこと

ブルシロフ攻勢は作戦レベルにおいて多点突破であるので浸透“戦術”と勘違いするのか?

1917年ドイツ軍のリガ攻勢では、作戦レベルでは一点、というかリガを包囲するように進撃してる。

ブルシロフ攻勢での「衝撃部隊」を特筆すべきというのなら、ドイツ軍はすでに突撃隊を公式的にも非公式的にも編成している。イタリア軍でもそのような部隊が編成されていた。

戦略・作戦・戦術の区別がごっちゃになってるのか?


日本で作戦術は普及してないのが残念。



某サイトを全面的に信用したらだめなのに、入手しやすく読みやすい本がないからみんな騙されるw

パレスチナのところなんか、題名から間違ってる。戦線frontじゃなくて、作戦(あるいはキャンペーン)campaignでしょうに。しかも「パレスチナ戦線」の内容は???な感じで、「意見」だけでなく、「事実」さえこれでもかと間違ってる。英語ほんとに読めるのか疑いたくなる(人のこと言えたもんじゃないけど)。ケマルに指揮権を委譲したときにゃあ、もう戦争ほとんど終わる寸前だよw(いや終わったあとか?)

まあ、マイナーな中東戦線はいいとして、他にも…ああ…ブルース・グドムンドソンの本はそんなに新しい本じゃないのに、読んでないんだろうか…読んでないんだろうな…
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/46-5d83b7d3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。