スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミリタリー | 趣味・実用 | 感想 2016.01.23 (土)

乃至政彦『戦国の陣形』講談社、2016年。


乃至政彦先生の新刊です。

日本古戦史のなかで陣形に注目し、古代日本の軍団制から戦国時代に至るまでの陣形の変遷を追った書です。

第一章から第三章まで、すなわち古代から室町時代までの部隊編成と陣形の話は大変興味深いです。中国に範を取った古代の軍団制はのちの武士の世よりも整った軍制を整備しており、中国・朝鮮を仮想敵国としながら実際には蝦夷との戦いに明け暮れていくなかで廃れていきます。武士の世となったあと、軍記物に現れる「○○の陣」というのは「なんとなく集合した隊形」「なんとなく分散した隊形」を示すものでしかないと著者は指摘しています。

第四章は、本書の核心的部分です。豊臣時代の部隊編成が川中島合戦で生まれたものと指摘しており、そのなかでもとくに村上義清の例をもって嚆矢としています。上杉と武田の抗争から誕生した兵種別編成はやがて全国へと波及していったと主張しています。

著者は、村上義清が戦国時代の兵種別編成(五段隊形)をもって最初の例とし、その先進性を高く評価していますが、同時代における他の地域の歩みを比較検討していません。東国以外、とくに西国の状況が示されていません。これは基礎となる研究が乏しいからかもしれませんが。


多少強引な筆の進みを感じましたが、日本中世軍事史界に新たな風を吹き込むものと思います。“日本独自の戦争方法”を追求するうえで議論がもっと活発になることを願ってやみません。
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/367-da2cb8f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。