スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミリタリー | 趣味・実用 | 軍事用語 2016.01.30 (土)
「作戦戦略」を陸自内に広めたの浅野祐吾なんですね。木村友彦「陸上自衛隊創設以来の用兵思想の史的考察」に載ってました。

浅野は

「やむを得ず戦争を未然に抑止し得ない場合、最小限に戦争の拡大を抑止し、あるいは積極的に幾多の戦争を組織し、戦争目的達成にもってゆくかという技術」(浅野祐吾『現代兵学体系論』p148)

を作戦戦略だと言っており、

「戦闘目的に答えるために行われたものが戦術であり、政治目的に答えるために行われたものが戦略である。戦略と戦術とは、目的と手段との関係にあるので戦闘の規模ではなくて、戦闘の効果のいかんによって物理的な破壊を期待するものは戦術で、戦争の解決が期待されるならば戦略と言えよう」

と述べる。この上で

「戦術は戦闘目的達成のための行動の技術であり、現代では、戦争目的達成のためには直接的な効果を一般には期待することができないであるが、その戦術行動が、戦略的意義のある場合がないわけではない。特に大部隊の戦術行動にはその公算が少なくない。このゆえに作戦術をもって作戦戦略とも言われる」
※この作戦術は、今日でいう作戦術とニュアンスがちょっと違うと思われる。

と書く。つまり浅野は、戦略と戦術を目的と手段の関係と見なし、今日大部隊の戦闘が戦略上影響を可能性が少なくないとして「作戦戦略」と当てている。何かに似ていませんか?

しかしながら昭和62年版用語集では「作戦目的を達成するため、大部隊を運用する方策を『作戦戦略』という」と微妙な定義をしています。平成20年版統合用語集では、作戦戦略を「戦争目的を達成するため、高次の観点から大規模に作戦部隊を運用する方策をいう」とやや修正されています。



創成期陸自では酒井鎬次などのフランス兵学に影響を受けた西浦進や浅野祐吾がいて、こいつらそっちのけにして米軍式と旧軍式の争いがあったの興味深いですね。作戦要務令の復活みたいな昭和43年版野外令以降、旧軍式閥は数を減らしてテクノロジー優勢になると。

フランス兵学とは断絶した存在(?)ののちの前原透氏や片岡徹也氏も異端と言うか…

Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/366-b50ad75c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。