「突撃する武士たち」

戦国後期の武将の役割として、第一線で功名を遂げようとすることと、部隊の監督をすることの二つがある。しかしながら、部隊の監督する立場でありながら突撃してしまうような武将もまたいた。



ときは1584年4月9日、豊臣秀吉と徳川家康・織田信雄連合軍が戦った長久手合戦である。

徳川家康の本隊3,000と井伊直政2,000が、池田恒興4,000と森長可3,000(と堀秀政3,000?)が対戦した(「本多藤四朗覚書」、陣立書)。森長可が鉄砲に撃たれて倒れるやそれを契機として徳川軍の侍がつぎつぎに突撃した。そのなかになんと一部隊長である井伊直政もいた。

藤十郎殿も御越し候へと言葉をかけられ候間、兵部殿同前に参候。兵部殿ざいをとり被申候へば、押し返しそのまま敵を追い崩し申候。拙者より先へ兵部殿乗り込み、そのまま突き倒し高名被仕候
「水野勝成覚書」
※藤十郎は水野勝成のこと。
※兵部は井伊直政のこと。

彦三郎は先へ進むところに、井伊万千代黒母衣の武者と組て居るを見て、ことばをかけ見合るときに、万千代ことなく組み伏せければ助くるに及ばず、彦三郎申しけるは、人数を頼りたるもの自分の働きは無用なり、跡の人数を集められよとてなお先へ進む
「安藤直次覚書」
※彦三郎は安藤直次のこと。
※井伊万千代は井伊直政のこと。

長久手合戦の緒戦で一番功名を挙げた水野勝成は、井伊直政のお供をしていた。すると直政は勝成に先んじて馬で乗り込んでいって敵を突き倒してしまった。そのまま組み伏せて首を取るところで安藤直次と出会う。直次は「部隊長が突撃してどーすんのよ」とたしなめた。

「安藤直次覚書」はともかく「水野勝成覚書」に書かれてあるので信憑性のあるエピソードである。



つぎは1615年大坂夏の陣、5月6日道明寺の戦いである。水野勝成隊3,200は、徳川方の一部隊として後藤又兵衛隊と戦闘を交えた。伊達正宗隊など兵数にまさる徳川方は、後藤隊を押し崩した。このとき水野勝成はみずから先頭に立って追い崩した。

片山の山を下へ追い崩し申しとき、先に拙者、二番に中山勘解由、三番に水野美作守、四番目村瀬左馬
「水野勝成覚書」

一番に自分、二番に中山勘解由(公儀目付)、三番に息子、四番に村瀬左馬助(公儀目付)というわけである。水野勝成は翌日の決戦でも最前線で戦っている。

勝成はいくさのあとで家康から「指揮官として戦えと釘を刺しておいたのになんで自分で突っ込むの」とオコラレタ。



水野日野守覚書」『史籍集覧』第16冊
長久手町史編さん委員会編『長久手町史 史料編六 長久手合戦史料集』長久手町役場, 1992.
水野勝成公報恩会編『物語 水野勝成』福山市文化財協会, 1967.
グラフィック図解 真田戦記 (歴史群像シリーズ特別編集)
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/347-b532736b