ミリタリー | 趣味・実用 | 戦術 2015.03.21 (土)
House, Combined arms warfare.よりメモ。



パート1結論(戦間期まで
・米英独仏ソの五か国はそれぞれ異なる議論を発展させていったがあきらかに同じ道筋のものもある。

・第一に、予算の制限。反戦感情や防衛費の制限は、ヨーロッパ民主主義軍隊における新たな武器と教義の発展を妨げた。ドイツやソビエトでさえ、制限に直面した。ために第二次大戦に突入したとき、準備を整えていた国はいなかった。しかしドイツは新兵器の実際的経験に数年の長があった。

・第二に、第一次大戦スタイルの歩砲優勢は諸兵科連合のあらたな発展を妨げた。大粛清以前のソビエトをのぞいて。英仏米は、機械化部隊を二つに分岐させた。歩兵支援に転ずる重装甲部隊と、騎兵のような軽くて爽快な装甲部隊である。ドイツは略

・さいごに、列強各国のエアパワー論者は、陸上作戦での密接な航空支援の発展を妨害した。ドイツでさえ、大戦がはじまったときひな形でしかなかった。

もし第二次大戦が1936年か37年に始まっていたら、トハチェフスキーの育てた赤軍が、物資と訓練上の問題にもかかわらず、他を圧倒していただろう。1942年より遅かったなら、英仏米は実験の時間を持て機械化の準備を整えていただろう。ドイツは1930年半ばから機甲部隊を育て、1939年にはよく組織されよく訓練されていた。そのうえ、ドイツは他国にはない二つの利点を有していた。原始的ではあるが航空支援システムを発展させていたこと、他国よりもより速く機動できる指揮統制網をもっていたこと、これである。



Combined Arms Warfare in the Twentieth Century: Warfare in the Twentieth Century (Modern War Studies)Combined Arms Warfare in the Twentieth Century: Warfare in the Twentieth Century (Modern War Studies)
(2001/04/20)
Jonathan M. House

商品詳細を見る
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/337-10180e47