ミリタリー | 趣味・実用 | 中東戦線 2014.09.08 (月)
前回のあらすじ



1916年、エジプトのイギリス軍は漸次増強され、ガリポリの敗軍もエジプトまで撤退してきていた。マーレー将軍ひきいるエジプト駐留軍は8月にロマニーの戦い(クレスの攻勢)でオスマン軍を撃退し、シナイをこえてパレスチナに進攻することも可能であった。しかしロンドンのイギリス政府は乗り気でなく、冬になるまえにエル・アリシュまで達することも期待していなかった。このとき、イギリスの軍事目標はあくまでエジプトの防衛を継続することであり、東方への全面攻勢の計画はなかった。マーレーはシナイへの前進を熱望していたが、ロンドンのロバートソンからマーレーへの11月16日付の手紙でこのように述べられている。

「わたしは全世界4分の1のなかで個々に勝利する意図はありません。わたしの唯一の目標は戦争に勝つことであり、ヘジャーズやスーダンで勝つことでありません。われわれの政戦略はかんぺきに明快で簡単なことです…それは西部戦線で攻勢をとり、それからその他すべてでは防勢をとるということなのです」

マーレー将軍はエジプト国境のイスマイリアよりエジプトのカイロに司令部をうつし、パレスチナへ進む東部国境軍が編成されるやサー・チャールズ・ドベル将軍が直接指揮することになった。12月、鉄道線がエル・マザルまで延伸された。1916年12月21日、イギリス軍は攻勢を再開してエル・アリシュのオスマン軍を駆逐し、古い国境であるHans Yonus-El Hafir線に追いやった。

オスマン軍の方では、エンヴェル・パシャとフォン・クレスが協議したあと、ジェマル・パシャはさらに後退してガザ・ベエルシェバにあらたな防御線を構築することを決断した。1917年2月より後退しはじめ、3月半ばには第4軍の将兵は配置転換を完了した。この間、ジェマルのもとには、カフカースより第3騎兵師団、トラキアより第16師団が到着した。第3騎兵師団はパレスチナにおける貴重な快速兵団として終戦にいたるまで活躍することになる。エルサレムとパレスチナの広大な海岸を守備するため、さらに3コ師団も到着した。ガザ・ベエルシェバ線は30キロの長きにわたるが、第4軍は戦闘兵約18,000を有するまでになった。
(これはもとになった記録からかもしれないが、 Ordered to die は兵力の換算が給養人数なのか戦闘人数なのか単に歩兵を指しているのかわかりにくい)

イギリス側はオスマン軍をシナイより追い出したことで気をよくしていた。イギリス政府はパレスチナへの進攻作戦を決定、西部戦線での大攻勢のため1コ師団がエジプトから引き抜かれたがマーレーはパレスチナへと進撃できることになった。英国首相ロイド・ジョージは西部戦線にすべての資源を結集することを信じておらず、その他戦線で有利な状況を作りだすことで敵の努力がヨーロッパから分散されると考えていたのである。パレスチナに進攻することになったドベル率いる東方軍は第52、第53、第74の3コ歩兵師団、アンザック乗馬師団と帝国乗馬師団の2コ騎兵師団を擁していた。

3月26日朝、イギリス軍はガザを攻撃した。正面より歩兵が進み、騎兵は街を包囲せんと機動した。街はほとんど完全に包囲されたが、塹壕にこもるオスマン兵はイギリス軍の強襲によく耐えた。ここで土第4軍の2コ師団が反撃に出て、翌日イギリス軍は撤退した。オスマン軍の完勝である。クレスはさらに全面的な攻勢移転を主張したが、ジェマルは防禦の姿勢を崩さなかった。オスマン軍の死者294、負傷者1,078、行方不明者109、計1,481。イギリス軍の死者400、負傷者2,000、行方不明者200、計2,600という。完全充足の3コ歩兵師団と2コ騎兵師団のイギリス軍が、戦力低下した3コ歩兵師団のオスマン軍に追い返されたのである。



Ordered to Die: A History of the Ottoman Army in the First World War (Contributions in Military Studies)Ordered to Die: A History of the Ottoman Army in the First World War (Contributions in Military Studies)
(2000/11/30)
Edward J. Erickson

商品詳細を見る


The Last Crusade: The Palestine Campaign in the First World WarThe Last Crusade: The Palestine Campaign in the First World War
(2013/03/25)
Anthony Bruce

商品詳細を見る


Ottoman Army Effectiveness in World War I: A Comparative Study (Military History and Policy)Ottoman Army Effectiveness in World War I: A Comparative Study (Military History and Policy)
(2014/04/28)
Edward J. Erickson

商品詳細を見る
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/311-08c30194