スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ヴェルダンでの)縦深防御に対する仕事の大半は、攻撃する歩兵の仕事であり続けた。分散防御戦術に対抗して、攻撃戦術も分散化しなければならなかった。分散化のさらに進化した一面は、フランス側が「浸透」と呼んだものだった。ドイツ側はこの散兵線の崩壊についてなんの名前もつけていない。

Rohr突撃大隊と同じように4コ猟兵大隊も改編された。しかしルーマニア戦役勃発のため、3コはルーマニアに派遣され、第3猟兵大隊のみが改編された。Rohr以外にも、独自に師団・連隊内に突撃部隊を選抜する兵団もあった。ポピュラーな名前で、突撃中隊、突撃隊。突撃学校、訓練部隊、襲撃隊。

Rohrの後援者にヴィルヘルムがいた。そしてさらに強力な支援者をえた。二年間を東部戦線で過ごしたルーデンドルフである。Rohrの演習を見ていたく感心し、西方での大機動を復活させるよい手段だと考えた。軍毎にRohrの戦術を学ばせるよう士官下士官を送るよう命じた。

1916年12月、ドイツ軍は1906年版歩兵操典に変わる徒歩部隊戦闘訓練教令を発布した。密集隊形は過去のものとなった。新兵訓練所と実戦のちがいがこれで解消された。Rohr隊の訓練もこれで幾分楽になった。軍レベルで突撃部隊が編成されるようになった。

突撃部隊構想はドイツ特有のものではない。1917年1月フランス軍は突撃隊を組織した。同年8月、ロシア軍は衝撃部隊を師団毎に組織した。イタリア軍もアルディーティが逐次拡張された。オーストリア軍では、1916年11月よりドイツ式部隊が導入されるようになった。

しかしこれらの突撃隊の、一般部隊に対する効果は少ない。フランス突撃隊は塹壕襲撃を実施していたが、一般歩兵は砲撃に頼った。イタリアはフランスドクトリンのコピーで、アルディーティの戦訓を無視した。

1917年カンブレーの反撃でドイツ突撃隊が投入されて大成功を収めた。最高統帥部は新戦術が西部戦線でも通用することに自信を強めた。しかしドイツ兵はイギリス軍が置き残した物資に目がくらみ、食糧をムシャムシャ食って進撃を遅らせていたりする。

平和攻勢が終わったあとでも、ドイツ歩兵戦術の発展は止まなかった。各中隊は50名より少なく軽機6挺以上を有し、大隊は200名より少なく重機12挺を有した。ベルグマン短機関銃の導入は近接戦闘に利した。



イギリス軍攻撃法については、いろいろ科学的に説明しているものがある。その内に英軍某大尉の称する急流戦法というのが、現代の滲入戦法の要領を具体的に示しているのみならず、英軍の攻撃方法の主義が明瞭であるから、次にこれを述べる。

急流が堤防を突破するのを見ると、堤防に生じるちいさな孔、すなわち弱点から水が入って地質の弱いところを選んで行くと同時に、孔口を浸蝕してちくじ拡大しついには突破すること左図のごとし。

owiAh.jpg


イギリス軍歩兵の攻撃法は、この要領によるというのである。すなわち、最前方の部隊は前進してまず敵と接触する。「敵の配備は全線ひとしく堅固なものではない。かならずどこかに配備の弱点がある」(小隊教練)から、第一線部隊が敵に拒止されたならば徹頭徹尾これを突破するために予備部隊(小隊ならば予備分隊)をこれに増加することなく「増援とは攻撃がもっとも進捗している部分に向けるので第一線の補充または増大に使用するのではない」(小隊教練)という主義に基づき、第一線部隊の一部の発見した弱点に向かい進むのである。

このように、水が弱点から弱点へと侵入し堤防内の諸障害をちくじ包囲して破壊していくように滲入し拡大していくのである。ゆえに、最前線の部隊は敵を破るために攻撃するというよりもむしろ弱点を発見するために攻撃し、かつ隣接部隊または後方部隊の機動を容易にさせるために攻撃するので、陣地の突破はむしろ予備隊の機動にありと言ってもよいほどである。

このような次第であるから、第一線の火力は多きを要しない。また戦闘正面も大にしてあるのであろうと想像される。

アメリカ、フランス、ドイツといえども滲入を主義とすることは前に述べたように変わりはない。しかし、予備隊の使用および第一線の兵力その他より考えて観察すると、少なからず差異がある。 

参謀本部編『戦後ニ於ケル 英、米、独、仏四国ノ歩兵戦闘の概要』(1922年)
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/265-3b9a1403

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。