スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「戦争においては、各人の軍紀を維持し精神力と体力を極度に達せしむるを要す。とくに戦闘において、思慮に富みかつ独断専行に適するよう教育せられたる指揮官及び指揮官を失いたるときといえども、なお彼らの君主および祖国に献心して勝利を得んとする強固なる意志を現行する散兵を要求するものとす」
1906年改正ドイツ歩兵操典

「自分自身で考え行動する兵士を教育することは、一層重要である。兵士の独立不羈と名誉への意識はそのとき、将校の指揮下にないときでさえ、義務を果たすよう彼らを誘導する」 
1908年版ドイツ野外要務令



ボーア戦争のあと、ドイツ軍は分散化した散兵線を構成するようになった。しかし戦場が広くなりすぎて指揮できないとされ、旧来に戻された。日露戦争はドイツ将校に再考をもたらした。ドイツ式の日本軍の戦闘を見て縦隊戦術の好例とみなした。日本軍が初期戦闘の受け入れがたい損害に対応して、よりひろい散開隊形をとるようになったと見た将校もいた。

1906年版歩兵操典と1908年版野外要務令は、密集隊形close orderと散開隊形open orderでゆれている。地方分権的なドイツ軍は、前者後者どちらを重視するか部隊ごとに別れていた。ロンメルのいた124連隊は後者だった。

1914年の終わりには、ボーア戦術(散開隊形)がドイツ軍のなかで支配的になっていた。

1915年になり、運動戦から陣地戦に変わると、ボーア戦術にも限界があった。大なる戦果が望めないので、限定目標に対する攻撃が多用された。敵陣地を制圧するため工兵の持っていた手榴弾が大量生産されるようになった。ドイツ軍では、主に卵型とポテトマッシャーが生産された。爆発力の高いポテトマッシャーが好まれた。

トンネルを掘って爆薬を仕掛ける方法も試された。対壕も掘られた。対壕は死傷者を減らした。しかしこれらは時間がかかるため、奇襲効果が失われた。

ガス攻撃はもっとも衝撃的な方法だったかもしれない。1915/04/22イープルでガス放射が行われた。守備していたフランス兵は戦わずして敗走し、ドイツ軍はゆうゆうと目標である高地を占領できた。連合軍は早急に対応してガスマスクを配布した。驚異的な効果は失われたが、戦術レベルでは有効だったのでその後も使われ続けた。ガス放射(砲弾ではない)も準備に時間がかかるため奇襲効果が失われた。陣地線を突破して敵線後方に進出するには、もっと別の方法を探さねばならない…

装甲陣地を突破する多くの試みの最初の一つに、火炎放射器がある。旅順で火炎放射兵器を使われたのに触発されて、ドイツ軍は工兵のなかの志願者によって特別部隊を創設した。皮肉にも隊員の多くは消防士で、隊長のReddeman大尉も消防士だった。大尉は1907年より訓練の指揮を始めた。

火炎放射器は大小二つ作られ併用された。1915年1月、限定目標に対する攻撃で実戦投入された。火炎放射器は敵兵に恐怖を与えた。攻撃は成功し、部隊は拡充されることになった。第三近衛工兵大隊は最高統帥部直轄のままだったが、ほかに火炎放射小隊や班が軍に付されて攻勢に使われた。

Max Bauer中佐は攻撃する歩兵に大砲を同行させることを構想した。ちょうどクルップの37ミリ砲が開発されていた。1915/03/02、陸軍省は第八軍の軍団に工兵部隊から提供された人員で突撃隊をつくるよう命令した。実験部隊の隊長に選ばれたのはCalsow大尉である。

大砲を使った攻撃訓練が行われたが、実戦投入されたのは陣地防御だった。37ミリ砲は不適格であることを示した。発砲光で容易に発見され、フランス砲兵の目標の的になった。大尉は解任された。

(速力を維持したまま火力を維持することは、西部戦線で大問題だった。第一次大戦中にはついに解決していない。20年後、装甲部隊が成し遂げた。)

Calsow大尉の後任には、Rohr大尉がなった。Graede将軍の惜しみない支援が与えられた。機関銃小隊、トレンチモーター小隊、火炎放射小隊が付された。大尉が注目した大砲はロシアの76.2ミリ野砲だった。直接照準で陣地を制圧するのに最適とされ、任務に合うよう改造導入された。

鉄楯や胸当てなどの防弾装備も検討されたが、将来の戦争様相には適合しないと大尉は考えた。石炭バケツヘルメットのみが導入された。これは両大戦を通してドイツ兵のシンボルマークになった。

実験部隊の戦術の基本的要素は以下の通り。
1.散兵線の前進ではなく、小隊規模の突撃隊による奇襲突撃へ変える
2.攻撃前進間、敵を制圧するため支援兵器を使う(機関銃、歩兵砲、塹壕砲、間接砲兵、火炎放射器)
3.手榴弾を装備した部隊で塹壕を掃除

1915/10/12、部隊は実験的に投入された。フリードリヒ大王時代、下士官は戦列の後ろで監視する役目だった。しかしいまや小隊の先頭に立って、自らの意思で行動する存在となった。



stormtroop tactics


Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/263-1b74214c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。