スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英エジプト遠征軍(エドモンド・アレンビー)
 第21軍団(エドワード・ブルフィン中将)、主攻
  第60師団
  第7インド師団
  第75師団
  第3インド師団
  第53師団
 仏アルメニア軍団、支隊
 第20軍団(フィリップ・チェットワード中将)、助攻
  第10師団
  第53師団
 Chaytor軍(Edward Chaytor准将)、東面
  アンザック乗馬軍団
  インド王立支援歩兵旅団
  西インド旅団(2コ大隊)
  ユダヤ人軍団
 砂漠乗馬軍団(ヘンリー・ショーヴェル中将)、戦果拡張
  第4インド乗馬師団
  第5インド乗馬師団
  オーストラリア乗馬師団
  装甲車隊
  第7軽自動車警備隊
 王立航空隊パレスチナ旅団(Amyas Borton准将)、航空隊司令官
  第5航空隊(チャールズ・バーネット中佐)
   第14飛行中隊
   第113飛行中隊
   第142飛行中隊
  第40飛行隊(リチャード・ウィリアムズ中佐)
   第1飛行中隊オーストラリア飛行軍団
   第111飛行中隊
   第144飛行中隊
   第145飛行中隊
 アラブ北部軍
  正規歩兵旅団
  シェリファ及びエジプト・ラクダ隊
  Rualla and Howeitat部族民
  Haurani反乱軍

電撃軍集団(オットー・リーマン・ザンデルス)
 第8軍((Jevad パシャ)
  第22軍団
  アジア軍団(フォン・オッペン)
  ドイツ・パシャ2隊(連隊)
 第7軍(ムスタファ・ケマル・パシャ)
  第3軍団(イスメット・パシャ)
  第20軍団
  ドイツ第147歩兵連隊
 第4軍(ジャマル・パシャ)
  第8軍団
  第2軍団


第21軍団長アイルランド人のブルフィンは部下に「敵はトルコ兵ではなく、時間なのだ」ということを印象付けた。第21軍団の作戦命令は以下の通り。
「これら作戦の成功の全部は、歩兵の迅速な機動にかかっている。われらの猛攻撃に会した敵に対し対応の時間をとらせないままにしておくためだ。全指揮官はcarefully guard against embarking on side issues,そして絶えずフィートヒルの東で彼らの目標をとるところを見ておかなくてはならない。彼らの部隊が敵が彼らの前線にいる限りは、立ち止まったりぐずぐずすることなしに追撃を続けることを喜んですることは確実だ。」

文章が難しい。これは英語に詳しい人に教えてもらおう。
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/26-25896b65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。