Ross Cowan『Roman Battle Tactics 109BC–AD313』から引こう。

ローマ軍の固有の編制で一番上の単位は軍団(legion)。定員5千ないし6千だが、ほとんど満たすことはない。
その下の単位は大隊(cohort)。大隊は3コ中隊(mianiple)から成る。1コhastai(若年兵)、1コprincips(熟練兵)、1コtriarii(老練兵)でもって大隊を構成する。大隊は定員5百名で、小規模な任務部隊の一種といえる。中隊は160名ほど。中隊は30コなので、軍団は10コ大隊を有している。

戦闘陣形の定型は、中央に軍団が位置し、その両側面に援軍歩兵、翼側に援軍騎兵が展開する。



『古代ローマ軍団大百科』は高いのう。どうしようか。


Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/218-415913fc