ミリタリー | 趣味・実用 | ビルマ戦 2011.01.15 (土)
WikiPのムッチー記事が保護になっているのでこっちにメモ。

「日本の上級司令部は我々をわざと勝たせた。我々はイムパール戦において、我々が中部ビルマに進入して彼等の主力とそれ自身の土地で戦い得る前に、常に私が必要と感じていた大きい敗戦を彼らに与えた」
ウィリアム・スリム、白鳥一郎(抄訳)『敗北から勝利へ』p.186

「諸資料を検討するに、河辺中将は牟田口中将の放胆な作戦構想(一般に鵯越え戦法といわれている)には内心同意し、黙契を与えていたように思える。しかし、中参謀長以下の方面軍参謀は河辺中将の腹中を知らなかったし、牟田口中将としては、方面軍司令官の黙契を得ている以上、方面軍参謀長以下がどんな所見を述べようとも深く問題にしなかったのであろうと推測される」
戦史叢書『インパール作戦』p.111



なんか木村兵太郎中将のほうがマシに思えてきたぞ。

寺内寿一大将が貶されている理由もわかってきた。この人もインパール作戦を黙認していた。そして牟田口中将は上級の指揮官の命令しか聞かず、参謀の言は重視しなかった。一般の日本軍部隊に見られる参謀任せもアレだけど、これもなんだか… 両極端に振れすぎてる。



あと、ひょんなことから大田嘉弘 『インパール作戦』を入手。
これ本当にムッチー擁護本なのね。ビックリした。
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/172-c247ab29