ミリタリー | 趣味・実用 | 雑談 2010.11.26 (金)
ふと思ったが、日清・日露戦争の戦争指導史ってないね。作戦戦闘重視の「戦史」だとこうなってしまうのか。



世艦を買ってみようとでかい本屋に行ったら、なかった・・・
グラパでさえあるとこなのに。

それと比べると歴群は安定してるね。大体のところに置いてある。



研究メモ

興味深し。とくに最新記事「公表をはばかる内容なので公表できません」。いまだに史料公開できないことがあるのか。

陸戦屋としては中国戦線も調べたいが優先度がビルマ戦よりも低いから史料が全然集まってない。『抗戦簡史』が本棚に死蔵されてるw



「暴力装置」がなぜいけない言葉なのかわからない。



興味あることをネットで調べていても行き着かないことがままある。そしてあるとき発見して、ネットの海は深いものだなあと感慨深く思ったりする。翻って考えてみると、自分から積極的に紹介していかないと発見されないのだろう。



戦争映画がすべて反戦映画でなければならないとは思わない。

上とは関係ないが、最近の日本の戦争映画はなんであんなにリアリティがないんだろう。「独立愚連隊西へ」をみてみるといい。B級映画にもかかわらず、ほんものの兵士のような動きをしている。

Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/153-8673a705