スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・軍事史を学ぶ意義
「歴史といい、軍事史といい、これらを学ぶ目的の一つは、先人たちの活動を史実を通じて研究し、事の成否や因果関係を検討して教訓を得ようとするところにある。すなわち、人類の歴史や軍事史を学ぶことにより、民族の生存発展や国家の興亡に果たした軍事という機能の役割の重大さを知ることができる」
防衛学研究会編『軍事学入門』p.95

・軍事史・戦史を学ぶ態度
「軍事史・戦史を学ぶとき、特定の価値観・予断をあらかじめ持つことは一切排除すべきである。多様な価値観を前提とし、広い視野、柔軟な思考力の養成を重視し、軍事史を学ぶ一人一人の脳裏に自分自身の戦史的な物の見方・考え方が醸成されることが必要である」
防衛学研究会編『軍事学入門』p.96

第二章第一節「軍事史」を担当執筆した新治穀は、書を読むだけでなく、実際にかつての戦場に赴いて追体験することが重要であると説く。また、安易に教訓を導き出してしまうことの危険性も言及している。



実際の戦場……パレスチナはいまや世界の弾薬庫やんかw
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/145-516fc924

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。