ミリタリー | 趣味・実用 | 南北戦争 2010.12.29 (水)
ロバート・リー:
チャーチルに「アメリカ史上もっとも気高き男の一人」と評されたイケメン。ヒゲもじゃ。柔和な表面の、内よりにじみでる獰猛心は、北軍の心胆を寒からしめた。軍内に和をなす精神的影響力と放胆な攻撃精神は、よく言及される。

トーマス・ジャクソン:
リーの右腕。「まるでそびえ立つクソ石のようだ」と言われたことからストーンウォールとあだ名される。リー指揮下の北ヴァージニア軍で第2軍団長を務めた。1863年チャンセラーズヴィルの戦いで戦死。

ジェイムズ・ロングストリート:
リーの左腕。リー指揮下の北ヴァージニア軍で第1軍団長を務める。堅実な指揮により南軍に貢献した。回顧録でリーを批判したことや戦後南部への背信的と見られる行動により、長いあいだ空気の読めない子扱いされていた。



Jackson looked up. Now he spoke calmly, as if he were suggesting a twilight stroll among the blossoming dogwood:
"Are you ready, General Rodes?"
"Yes, sir."
"You can go forward, then."

(Ernest B. Furgurson, Chancellorsville 1863: The Souls of the Brave. p.171)



Jackson, fixed on the map, said, "Go around here." He ran his finger along the route Hotchkiss had found.
"What do you propose to make this movement with?" asked Lee.
He was one of history's most unshakable generals, but the answer startled him:
"With my whole corps," said Jackson.

(Ernest B. Furgurson, Chancellorsville 1863: The Souls of the Brave. p.143)



ジャクソンがイケメンすぎて生きるのがつらい…
Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/140-b3edd56d