スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
未分類 2010.07.13 (火)
『出来る人の勉強法』だかそういう本に、最初は浅くだんだん深く、繰り返し読み込んでいくと頭に入りやすいとか何とか載っていた気がする。で、著者は歴史の授業が苦手な人に取っ掛かりとして『マンガ日本の歴史』を薦めていたような。

巷ではマンガで分かるナントカというのが最近たくさんでている。じゃああれである、『マンガで分かる軍事学』とか出版すべきじゃないかと。イカロスの萌え本は文章パートが真面目すぎて初心者向きではない気がする。素人の友人に渡してみたらさじ投げやがったw あと萌え系なのがネックになっている点もある。白紙戦術とか典令範の説明とか珍しいのが載ってるやつなど数冊買ったけど、やっぱり恥ずかしいよw ゲンブン先生か上田信先生なら意気揚々として買うのに。

その素人の友人曰く、「ここの本棚にある『フィンランド軍入門』ってやつ、全然入門じゃない」とのこと。しかり、マイナーなフィンランド軍の入門であって、素人のための本ではないのは明らか。

『戦理入門』をちょ~薄めたやつでもいいと思うが、それだと陸戦入門になるか。兵器主体じゃなくて概念を伝えるような、「戦いは、彼我意思の衝突、信念の闘争であり、勝利は敵の意思を撃砕し、その信念を破壊したものの手に帰する」みたいな感じで(もっと表現は柔らかくだけど)。もってないけど、かや書房の『軍事学入門』を薄めたようなのがいいのかな。

『図解雑学』でもいいかも。あれはイメージ豊富だし。



戦史に対するアプローチはどうすればよいか。

わが国では戦史について語るとき、先ずそれぞれの価値観に基づき予め定義して使用されるか、又は軍事史、戦争史、作戦戦闘史等の同義語として使われている。また、戦史という言葉を英訳する際、「Military History(軍事史)」又は、「War History(戦争史)」を混用するなど、概念上の混乱を招くことが放置されたままとなっている。しかも、「戦史」の語源は、現在国際的に死語となっているドイツ語のクリークゲシヒテ(Kriegsgeschichte)を基としている。しかし、ドイツでは国際的な用語の使用慣例に準じて、1950 年代以降、「戦史(Kriegsgeschichte)」に代えて、「軍事史(Militaergeschichte=Military History)」が使用されている。その他にも多くの課題が見られ、戦史編纂取組みに影響を及ぼしている。
「旧陸軍における戦史編纂―軍事組織による戦史への取組みの課題と限界―」

上記論文では戦史を、「軍事史(Military History)」、「戦争史(War History)」、「作戦戦闘史(Operation History)」などを包含した広義の解釈で使用している。軍事史と戦争史の違いは??

亀井宏『ガダルカナル戦記』と陸戦史集『ガダルカナル作戦』は分類に属するか?



日々駄文を書き連ねているだけあって、文章はどのようにしたら読みやすくなるのか時たま考える。

リスペクトしているエリクソン氏の文章は超絶読みやすい。アマゾンコムのレビューでも読むの簡単と書かれているほど。下手するとOsprey社の本より読みやすい。Nik Cornish氏の本も読みやすいけど彼はネイティブではない。外国人英語な可能性もある(私には分からないが)。けれどエリクソン氏はネイティブである。同じ米退役軍人のDavid Zabeckiと比べても段違いに読みやすい。


前にベストセラーの本について考えてみた。『バカの壁』なんかが売れてたときだったと思う。あれらは「薄っぺらくて、中身がない」との結論になった。ずいぶんネガティブな評価である。でも、つまみ食いするならアレぐらいでいいのかもしれない。だって興味がもてないと頭に入らないんだものw

Secret

TrackBackURL
→http://hikasuke333.blog113.fc2.com/tb.php/107-e0187735

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。