ロシア軍の戦術が~、ブルシロフが~、とやかましいので参考資料を。
臨時軍事調査委員月報第28号、露軍陣地戦要領より。アジア歴史センター、レファレンスコードA05021011000



[1916年夏までの教令に基づく]
第3節 攻撃実行
 第1款 歩兵突撃
 突撃実施の要領は、ほとんどフランス軍の模倣で、要約すれば次のとおり。[大戦中のロシア軍教令はフランス軍のものを参考にしていたらしい]

 突撃中隊は敵の塹壕を超越しつつ目標にむかい直進し、支援中隊はその後方約100歩に続行しこれを推進し、必要であれば突撃中隊を増加して突進を促進させる。
 第一線大隊が目標に到達したら、工兵は占領陣地を改築して防御施設をおこない、機関銃はすみやかに陣地に進出して占領を確実にする。
 塹壕掃蕩隊は突撃隊の突進した後方にあって塹壕内に残留し、頑強なる抵抗を持続して突撃隊の背後を攻撃する敵兵の掃蕩を任す。このため、手榴弾、携帯爆弾(?)、拳銃、短剣などを使用する。
 攻撃目標に到達したあとの動作は、フランス軍とやや趣きを異にするものがある。すなわち、塹壕掃蕩隊は任務を終われば占領陣地の確保に任し、突撃に任ぜし部隊はさらに占領陣地より勇進してもっともちかい敵砲兵に対し突進する。敵翼にむかって旋回攻撃を実施すべき部隊は、この二線の中間より進出し障害物を破壊しつつ強襲をおこなう。
 この間爾余の兵力は、携行防護体(?)を使用しつつ逐次前進して、さらに敵翼を迂回ないし背後に進出し、もって突破成果の拡張に努力する。

 第2款 機関銃の用法
 最近のロシア歩兵連隊は機関銃約30挺(鹵獲機関銃を含んでいるらしい。正規の編制は24挺であろう。)を有する。
 攻撃にあたり、連隊長は必要な方面の大隊長に機関銃を分属し、大隊長はまた必要な中隊にこれを分与する。そして二つの銃が同一陣地にあることはない。敵砲弾の集中によって同時に破壊されることを考慮してである。
 機関銃は400-800mで使用することを本則とするも、好目標が出現すれば1000mにおいて射撃することもある。
 つうじょう攻撃散兵と行動をともにし、すみやかに占領陣地に進入して確保に努力する。ときとして散兵線の後方高地より超過射撃によって歩兵の攻撃を援助することもある。

 第3款 歩砲の協同
 本月報第23号の「欧州戦争における露軍砲兵用法の概便その二」を参照せよ[これもアジ歴にある]。
 ロシア軍が歩砲兵の協同に関し、近時多大な力をもちいる理由は、その攻撃にますます砲兵威力の必要を認めた結果であろう。しかも比較的素質劣等なロシア軍としては、当然のことであろう。