スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミリタリー | 趣味・実用 | ガリポリ 2011.07.25 (月)
1914年8月14日付、第2砲兵旅団内の諸連隊の弾薬状況

第3連隊
 240/35 coastal 7門 518発所有
 355/35 coastal 3 172
 210/6.4 mortar 6 193
 Heavy coastal 19 1739
 Light 25 3386
第4連隊
 240/35 coastal 6 474
 355/35 coastal 2 117
 210/6.4 mortar 8 308
 Heavy coastal 23 2895
 Light 22 4403
第5連隊
 240/35 coastal 4 456
 Heavy coastal 13 1223
 Light 6 2635 
Fortress Command
 Depot magazines 5616

ノート
3.Depot magazinesの弾薬の種類は明示されていない。
 



1915年2月26日、砲兵兵器状況

第8連隊
 150/108 howitzer 32門 7627発所有
 210/6.4 mortar 10 602
第3連隊
 150/40 ship 5 462
 Smaller guns 18 2076
第4連隊
 150/45 ship 12 147
 150/26 fixed 6 969
 210/6.4 mortar 4 20
 Smaller guns 18 6737

ノート
1.120/11.6 howitzerの弾薬はこの報告に含まれない。
2.1914年8月14日付弾薬報告にあったものはこの報告にない。




弾薬消費:チャナッカレ要塞指揮官の報告、1915年3月18日

第8連隊
 150/10.8 howitzer 1602発消費
 210/6.4 mortar 17
 120/30 howitzer 142
 120/11.6 howitzer 59
第3連隊
 355/35 coastal 15
 240/35 coastal 60
 150/40 ship 115
第4連隊
 240/35 coastal 126
 150/45 ship 114

総計
 2250発




・2月19日から3月中旬までの作戦で、オスマン軍は砲兵弾薬4700発を消費。
・射撃の大部分は、ダーダネルス入り口の第5重砲兵連隊の火砲と第8重砲兵連隊のhowitzer zoneに集中している。
・該連隊において、2月26日343発、3月4日292発、同5日347発、同7日714発、同9日51発、同10日1882発、同11日41発、同12日41発、同13日974発消費。
・オスマン軍の弾薬消費の大部分はhowitzerおよびheavy mortarによるindirect shells。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。