スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3次ガザ戦以後のイギリス歩兵は、「砲兵隊形」なるものを採用していた。

塹壕にこもり張り巡らされた敵兵に対する戦前的な正面攻撃の訓練によって、兵士たちは敵に近づくため小隊あるいは分隊で一列縦隊で前進するよう教育された。これが「砲兵的隊形」である。

いくつかの状況では、一列よりも戦闘群blob(インフォーマルな分隊グループ、あるいは小隊。意味的に考えて戦闘群でも差支えないだろう)として編成された。
戦闘群は横隊や縦隊よりも容易に方向を変えることができた。近接距離では、彼らは広範囲に波のような隊形(列の各兵と各波が正確な間隔で)に変わった。(全体的な流れとしては、戦闘群戦法とか疎開隊形とかと変わらないと思う)

(迫撃砲チームの長をしていたため一時的に伍長となっていた)パウエルは、シェリアでのこの戦術の目撃者としての記録を残している。

「我々は今、「砲兵隊形」で前進した。これはつまり(密集隊形では戦闘群は30-40名で行軍する)他隊から約100ヤード離れた各戦闘群(小隊)が



訳しにくい・・・
飯つくるから辞める
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。