スポンサー広告 --.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小沼治夫大佐(当時)『日露戦争に観る戦闘の実相(日本軍の能力特性観察)』1942年(陸大資料 非公開)より、「第一 攻撃能力に関する一般的観察」。小沼参謀が陸大教官時代に作成したこの論文は上司を驚かせ、ゆえに陸大資料として少数配布されるにとどまった。



攻撃能力に関する一般的観察

 日露戦争においてわが軍の行いし戦闘の大部分は陣地攻撃にして、窮極において敵陣地を占領する結果を得た。しかしその戦闘経過の仔細を考察すれば、敵が真面目に抵抗した場合における陣地攻撃の戦術的成績は香しきものと称し得ず。

 いま敵が側背の危険を感受して正面戦闘の進展せざるに先立ち退却するもの、および敵の退却作戦間に起こった軽戦等をのぞき、敵が真面目に抵抗した場合における昼間陣地攻撃の戦例を統計的に観察すれば、ほとんど全部は攻撃停滞するかまたは頓挫するものにして成功するものきわめて少なく、敵陣地の一角のみを奪取するものさえ多くない。

 そもそも日露戦争における彼我の会戦兵力を比較するに、ロシア軍がわが軍に比べ平均約一倍半の優勢を占めていたが、強大な第二線兵団等を控置する関係上、直接わが第一線師団と戦闘を交えた第一線兵力は平均してロシア軍の方がやや劣勢であった。このようにロシア軍が自らが持つ優勢兵力を有利に使用せず、わが軍のため誠に幸運な状況においてすら、わが第一線師団は一日平均約8%強(師団全歩兵の死傷率にして36戦例の統計的観察である。以下同じ。)の損傷をもって敵前平均6、700メートルの距離において攻撃行止りの状況を呈し、なかには3%以下の損傷をもって攻撃停頓、あるいは夕刻における師団予備隊および翼隊予備隊の合計が師団全歩兵の三分の一以上であるにもかかわらず攻撃行止りであったもの等がかなり多い現象は、当時おのおの止むを得ない事情があったとはいえ深く内省すべき点と認む。

もとより右のごとき状況裡にも鞍子嶺における第九師団長のごとく、あくまで積極的企図を放棄せず第一線の攻撃を督励しついに成功(一局部であるが)をもたらした戦例がある。しかし他面、師団長自身が攻撃開始後いくばくもなくして攻撃中止または後退を命じもしくは第一線の攻撃行止りを黙認するもの過半を占め、あるいは隣の部隊との連携を名目として積極的に行動しなかった例も相当多かったことも知らなければならない。

 このようにわが陣地攻撃の大部が攻撃行止りの状況を呈し、その成果が大きくなかった原因に至ってはもとより簡単に究めることができないが、火力価値の誤断に基づき戦闘経過の設想を誤り戦法上当を得なかった部分があるものは否定できない。また、これに付随して兵器、弾薬等の準備、とくに火砲の威力に足らなかったものによると観察することは失当ではないであろう。なお、先述した計面上の点においても砥礁陶治の余地がなきにしもあらざるは勿論である。

 ここに注意すべきは、精神力と物質力との総合宜しきを得たるや否やの問題なり。詳言すれば、難局に際し堅固なる意志を把持し無形的威力を極度に発揮するとともに、物質的威力の行使ことに重点の構成・火力の集中に遺憾なきを期すことができるか否か、また火力の効果を機を逸せず白兵が利用できるか否かの検討である。かの玉皇廟(遼陽会戦)、平家窩棚(奉天会戦)等のように旺盛なる士気のもとに、20%以上の損害を蒙りながら攻撃したにもかかわらず物質的威力現れなかったため奏功しなかった戦例(日没後敵の退却に尾し占領)と、付表第二のように20ないし100門に垂れんとする砲火を一陣地に指向し奮然起こって突入したとき始めて奏功した戦例とは、右の条理を立証するものというべし。しかしながら、これら奏功した戦例もほとんど全部が猫額の一局地を占領したことにとどまり、続いて戦果を拡張できず、または敵の退却を察知したあとも機を逸せず果敢なる追撃を行うことが希であったのは、今日より観てなお反省を促すべきことである。(付表第二の戦例中、敵陣地奪取そのものが直接原因にて敵全軍の退却を見るに至ったのは蘇牙屯の戦闘のみである。)

 報国七生を誓い、命令一下水火にも辞せざるべきはわれわれに課せられた精神訓練の目標である。否、わが国民の生まれながらにして抱懐する大和魂の神体である。そうであるからこそ付表第三が示すように、日露戦争におけるわが軍は欧州大戦における対露、独軍に比べ大いなる死傷に堪えて窮極の勝利を勝ちて得たのである。しかしながら、統帥の機務に参台するものとしては、よく実戦場裡におけるわが軍の実相を認識しなければならない。すなわち、わが軍といえども実行部隊に戦勝条件を付与せず、また戦法において当を得ない際は、死傷の累加にともない勝利に関して疑問を抱き、または死傷は軽減しようとし攻撃行止りのままときを移して任務の如何にかかわらず他部隊の戦況進張を待つ等消極化するものが多いことである。既述したように、戦力の根幹をなす精神力も物質力等をもって培養するの要ある所以を回想すべきである。

 かのドイツ軍が総兵力において劣勢または略同等なるにかかわらず、わが軍よりも少ない死傷をもってロシア軍を撃破ししかも偉大なる戦果を収めた原因は勿論幾多の戦争状況を異にするので簡単には究めがたいが、まずドイツ軍が主決戦方面において数に優れる条件のもとに有利なる戦闘を遂行していたのに反し、わが軍が欠乏した条件をもって困難な戦闘を実施したことは否めない。そして、ドイツ軍が主決戦方面に大いに優勢を占めることができたのは、彼我の特性能力を正解し爾他の正面に最小兵力をもって甘んじ危険なる戦況に打ち克ったことによるものである。タンネンベルク、マズールの戦捷は幾多の僥倖分子に恵まれたが、1915年ガリツィア地方およびナレウ湖畔に行われたドイツ軍の突破のごときは戦場全般の兵力において独軍必ずしも優勢ならざるに、その主決戦方面においては歩兵において二倍、砲兵において約四倍の優勢を占め、あまつさえ弾薬を豊富に準備し攻撃準備に入念を期したこと参考にすべきである。



付表第三より、日露戦争において全般的に日本軍は劣勢。旅順戦でも歩兵数において日本側が上回ったが、砲兵はロシア側の方が多い。

(私見)
日露戦争後、日本陸軍首脳部は砲兵の能力に疑問抱いた。あれだけ集めたのに効果が少なかった。逆にロシア兵の白兵戦は驚異であると。おそらくこのように思ったために根本主義(白兵至上主義)が登場する起因になったのだろうと思う。この論文によると、それは逆で火力が乏しかったために苦戦したのだとしている。

日露戦争公刊戦史は、日本軍の怯懦な振る舞いや苦戦をなるべく隠蔽しようとした。そのためのちの世代はこの嘘を信じてしまった。小沼論文がお蔵入りになったのもこのため。日本軍のお家芸ともいえる夜襲も、本当に勇気ある指揮官が飛び出さなくては進まず、しかもあとが続かぬ場合もあった。そして下士官、将校の甚大なる損害をともなうことを小沼論文は述べている。ここらへんが西浦進の、もっと日露戦争を真摯に研究すべきだったという言の理由だろうと思う。
スポンサーサイト
日本陸軍のドクトリンってなんなの?っていう話を見たので。戦闘綱要編纂理由書(アジ歴レファレンスコードC01001137900)にはこうある。

「編纂方針
国軍の特色を発揮し、主として東亜の大陸において速戦速決の要求を充足すべき諸兵種協同の戦闘原則を確立し、かつこれを基調とする軍隊練成の指針を明示す」

そして特に強調すべき事項を六つ挙げている。

1.包囲殲滅を高唱す
速戦速決の要求を満たすためには、敵を包囲して捕捉殲滅すべきであることを明確にする必要があるため、とくにこれを高唱する。

2.機動および独断を推奨す
包囲殲滅の目的を達成するためには、特に軍隊の機動に卓越することが必要である。また、各級指揮官の機宜に適する独断により遺憾なく機動力を発揮できることが必要である。

3.戦闘威力を要点に集中す
戦闘が複雑の一途を辿るにともない、動もすれば枝葉の顧慮に惑わされて戦闘威力を要点に集中発揮する実行力を失いやすい。

4.敵の意表に出てその弱点に乗ずること
大いに積極的企図心を発揮し、敵を致してその意表に出て巧みに弱点に乗ずるよう戦闘を指導するようでなくては、偉大なる戦果を得ることはむずかしい。

5.夜間攻撃をますます重要視す
夜であっても昼間のように動けるよう訓練を向上させるべき趨勢に鑑み、いっそうこれを賞用すべき趣旨を明らかにする。

6.砲兵運用の軽快自在を期す
最近の砲兵技術のいちじるしい進歩にともない、かえって技術に偏って戦術との調和を欠き運用が鈍重にならないようにするため、状況の推移に応じて適切な運用、そのなかでも歩・砲兵の協同を緊密にし適時適所に所望の火力を発揚すべき趣旨を特に明らかにさせる。


『戦闘綱要』は1929年制定で、基本的精神はそのまま1938年の『作戦要務令』に受け継がれている。
日本陸軍の戦闘有効性 2010.06.14 (月)
以下は、日本陸軍の戦闘能力II「ここはお国の何百里」スレによる。
行などは調整したが、最小限にとどめた。




776 名前: 第一総軍 投稿日: 02/03/06 23:49
恐らく太平洋戦争で米軍相手に浸透戦術が通用しなかったのは兵力密度の問題も有るのではないかと思います。太平洋での陸戦は一般に規模が小さいのですが、各島の防衛を担った日本軍は1個師団~2.5個師団、アメリカ軍はその2~3倍。狭い戦場にこれだけの部隊がひしめき合っていると戦線の薄い部分はかなり限られてしまうのではないかと考えています。この為、折角第一線の抵抗拠点を迂回してもその後ろには又別の抵抗拠点が有るだけで劇的な突破には至らなかったのではないかと。
 
又、ドイツの浸透戦術においては、迂回した抵抗拠点は後続部隊に処理させていたと思いますが、大抵の場合戦力的に著しい劣勢にあった日本軍には、強力な抵抗拠点を処理出来るほどの後続部隊も無かったのかもしれません。加えて、本来遮断又は破壊すべき敵の「後方」も、上陸した敵にとっては比較的近くに有る橋頭堡ですから遮断されずらいでしょうし、仮に一時的に遮断されたとしても距離が近い分孤立感も少なかったのかもしれません。
 
本来、上陸した敵の破壊すべき後方とは海上輸送路であり、海軍が敗北して上陸を許した以上、米軍を「遮断」「孤立」させる方法は既に失われていたといえるでしょう。これらの事情によって太平洋での浸透戦術は単に「戦術」の枠内に留まってしまい、本来期待された一種の電撃戦には結びつかなかったのだと思います。


ビルマの英軍相手の場合は多少事情が変わってきます。

ビルマはかなり広大な面積を持つ国で、そこに投入された兵力は最盛期でも日本軍10個師団、英印軍20個師団、その他中国軍程度であり、兵力密度は太平洋の島々とは比較にならない位低いものでした。実際、ここビルマでは日本軍は浸透、包囲自体はしばしば成功させています。ここが太平洋での戦いと大きく異なる点です。
 
よく知られている通り、戦争初期には包囲された英軍は混乱して敗走し浸透戦術が電撃戦として効果を発揮しましたが、戦争末期になると強力な円筒陣地を形成し空中補給によって持ちこたえた為包囲した日本軍の方が先に消耗してしまう結果となりました。しかし、これは圧倒的な制空権と大量の輸送機が有って初めて出来ることで、この大量の輸送機を賄う為に英軍も苦しいやりくりを強いられたのも事実で、一部では英軍を押し戻しています。その意味ではここビルマでは浸透戦術も一定の役割は果たせたのではないかと考えます。
 
仮に浸透戦術を執らずにこの英軍を正面攻撃したとしても、あの戦力比では恐らく攻略不能だったでしょう。

 

778 名前: 名無し三等兵 投稿日: 02/03/07 01:18
>>776
なるほど。

付け加えれば火力と機動力の差もあるのではないですかね。平地に出れば確実に抹殺されていますから。太平洋戦線でも、レイテやルソンのような大島では、高地帯で持ちこたえるしか手がなかったわけですし。

戦術・兵器で一時代遅れたツケは、前線の兵士たちが支払わねばならなかったわけですね・・・。



780 名前: ばばぼん♪ 投稿日: 02/03/07 22:02
対米戦で浸透戦術をうまく発揮できなかったことの理由に、

1.「アメリカ軍自体が日本軍の戦術を研究していたこと」
2.「多くの場合、前線の日本軍は物資の不足により戦力が低下していたこと」

もあげられると思います。

前者「1.アメリカ軍自体が日本軍の戦術を研究していた」はとりあえず、「a.夜間浸透の防止」「b.浸透を許した際の対策」の二つに分けます。

「a.夜間浸透の防止」は、「日本軍が浸透してきそうな箇所を重点的に警戒する(沖縄戦での照明弾大量使用等)」「阻止砲撃で日本軍の移動・集中を妨害する(ガダルカナル戦等)」などがあげられると思います。
# ()内であげた例はかなり極端な例ですので、あまり気にしないように(^^;;;

「b.浸透を許した際の対策」は、「日本軍が自軍陣地に接近してきても、障害物等を活用して移動を妨げ、火力を集中することで突入を防止する」「部隊が孤立しても容易に支援を要請できるよう、小部隊にも無線を配備する」等があると思います。

後者の「2.多くの場合、日本軍が物資の不足により戦力が低下していた」は、部隊が全力を発揮できる状態ではなかったであろうことを指します(銃剣が役にたつのは最後の最後ですし、武器弾薬以外の食料等がないと、体力・持久力の低下は避けようがありません)。

これ以外にも、日本軍を確認次第、昼のうちに可能な限りの損害を与えておくことはいうまでもありません。



781 名前: ばばぼん♪ 投稿日: 02/03/07 22:04
そもそもドイツ陸軍の浸透戦術は、
  
1.戦線の「穴」から足の速い部隊が侵入し、
2.敵拠点を自軍の後方からの火力支援を受けつつ制圧し(敵の前面の部隊は攻撃を受ける)、
3.敵の後方を攻撃する
4.戦果を拡大するため、後続の部隊が前進する

というものであったのに対し日本軍のそれは、
  
1.(特に夜間)戦線の「穴」から部隊が侵入し、
2.敵に覚られぬよう迂回し(この段階でも敵部隊はほぼ健在)、
3.敵陣に部隊を「流し込む」 or 敵の後方との連絡を遮断する
4.敵が壊走する(それを前提とする)

という傾向の強いものだったのではないでしょうか。


戦意の低い、あるいは容易に増援等を得られない敵に対しては有効でしょうが、それを察知し、待ちかまえている相手に対してはどうでしょう。浸透して包囲したはずの敵がパニックを起こして手をあげるどころか、鉄条網を張り巡らした陣地で自動火器で待ち受けていたら。

敵陣周辺までたどり着いた日本軍は有効な火力を発揮できず、重機や擲弾筒で、残弾を気にしながらの支援の下での敵陣内進入は難しかったでは、と思うのです。しかも、「浸透に成功する」ということは「敵中に突出している」状態なわけですから、早期に敵陣に突入するなり移動するなりしないと、反撃を受ける可能性があります。いずれにしろ、大規模な火力支援が必要となります。

もっとも、「日本軍が浸透した部隊に対して容易に後方から火力支援をできるような軍隊だったら、混乱しやすく自軍の損害も多い夜間浸透なんか滅多にやらなかったであろう」というオチがつくのですが(+_+)



782 名前: ばばぼん♪ 投稿日: 02/03/07 22:19
上の最後の二行は個人的な感想です。

つ~か、日露やその後の第一次大戦のような大規模消耗戦(火力戦)に国力や生産が追いつかないだろうから、歩兵中心の夜間浸透をやろう、ということになったのではなかったかと記憶しているのですが。





ぼくのかんがえた米英軍撃退法

1.夜間攻撃
2.敵陣地に対する手榴弾投擲の反復
3.まな板戦法+反射面陣地
4.必勝の信念からなる斬り込み

1.は史実において大戦後期になると大体失敗してる。
2.は『ガダルカナル島戦の核心を探る』より。たしか朝鮮戦争の中共軍も同様のことをしてたはず。
3.イラワジ会戦中のスレゴン陣地戦、あるいは沖縄戦など。
4.別名「食料の獲得」。日本側戦史は「相当な戦果を上げた」と自画自賛するが、胡散臭い。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。