未分類 2037.10.08 (木)
ブログが雑多に過ぎるので、山猫さんに倣い案内板を設置。適当にピックアップ。



通販
0001.jpg
『新月旗はためく下で 第1次大戦における中東戦線史』



一発ネタ
シャーマン戦車はパンターに劣るのか?

火力に逆らう騎兵たち――第一次世界大戦におけるイギリス陸軍の挑戦――
三つの突撃と騎兵の将来――バラクラヴァの騎兵
マルヌの騎兵
ルースの騎兵
大突破か小突破か――ソンムにおける騎兵
ヒンデンブルク線への追撃――1916/17年冬の騎兵
線的防御から弾性防御へ――ドイツ防御思想の転換
アラスの騎兵
イギリス騎兵最大の挑戦――カンブレーの騎兵
1918年の諸兵科連合戦――アミアンの騎兵
百日攻勢の騎兵
最後の大突破――パレスチナの騎兵

中東戦線史
オスマン軍の戦争計画
集中
サルカミシュ会戦
スエズ運河攻撃作戦
第5派遣隊
第1派遣隊
第1次ペルシャ遠征
メソポタミアにおける戦争の始まり
メソポタミア初期作戦
メソポタミア初期作戦2
ガリポリ上陸作戦
8月攻勢
ワン湖付近の戦い
アルメニア人虐殺
アルメニア人虐殺2
キョプリュキョイの戦い
1916年初頭カフカース
エルズルム要塞
第2軍、東方へ
決戦の夏
決戦の夏2
敗北のあとで
セルマン・パク会戦
クート包囲戦
第2次ペルシャ遠征
第2次スエズ遠征
第1次ガザ戦
第2次ガザ戦
アレンビー将軍
第2次クート会戦
第2次ペルシャ遠征2
電撃軍集団
電撃軍集団2
イギリス軍の攻撃計画
第3次ガザ戦
アラブ反乱
第2次ペルシャ遠征2
1918年カフカース
1918年カフカース2
1918年カフカース3
1918年カフカース4
ヨルダンの戦い
メギッド会戦
メソポタミアの最後
終戦

戦術
日本軍の教義
第1次大戦におけるドイツ軍戦術メモ1
第1次大戦におけるドイツ軍戦術メモ2
第1次大戦におけるドイツ軍戦術メモ3
浸透戦術の始まり
第1次大戦におけるロシア軍歩兵攻撃戦術
日露戦争の日本軍
彼らは何故火力に抗ったのか?

戦史
ビグラクテの戦い
第一次ガザ戦と第二次ガザ戦
一の谷合戦
アルブルヌの戦い1
アルブルヌの戦い2
湊川の戦い
豊島河原・小清水の戦い
アメリカ機甲師団メモ

戦史とは何か
戦史に対する態度について
『名将の軍略』における日本古戦史の意義
石田保政大佐による「戦史とは何か」

かんそー
『帝国の「辺境」にて ―西アフリカの第1次世界大戦 1914~16―』
『孫子解説』
「クラウゼヴィツと孫子の比較研究」
『ナポレオン戦略』
魚雷の背に跨りて
『世界大戦の戦術的観察』
『大戦中のイタリヤ』
『時空旅人 2014年 11月号』
『第一次世界大戦』
『現代の軍事戦略入門』
『コマンド・カルチャー』
『20世紀における諸兵科連合戦』

参考文献
ガリア戦争
第一次大戦 中東戦線
楠公戦史
中東戦線における日本語文献
陸戦術に関する本
軍事関連論文紹介
小沼参謀文書

白紙戦術
側背脅威の研究 問題編
側背脅威の研究 原案編

年間ベスト
2010年ベスト
2011年ベスト
2012年ベスト
2013年ベスト
2014年ベスト

その他
名将とはなにか
なぜ楠公戦史を調べるのか
楠木正成に対する私の論点
ローマ軍の行軍速度
日本軍の行軍速度
第一次大戦の数字的記録
バルカン戦争時の各国歩兵師団
トルコ軍の戦史研究
末期オスマン軍兵の軍装
第一次大戦前におけるフランス軍数線防御戦術
突撃する武士たち
「状況開始」について
チェチェン紛争メモ

小牧長久手の戦い
Chapter1
 開戦と集中
 羽黒の戦い
 紀州の策応
 長久手の戦い1
 長久手の戦い2
 長久手の戦い3
 木曽川筋の戦い
 蟹江城の戦い
 蟹江城の戦い2
Chapter2
 四国の策応 
 伊勢方面作戦
 北陸・東国の策応
 終戦
 Appendix A 用語の解
 Appendix B 長久手の戦いに至る計画
 Appendix C 「小牧陣始末記」による長久手合戦
加筆修正し『天正甲申戦役 小牧長久手の戦いの軍事的観察』と題して、2014年夏コミで販売しました。
未分類 2017.01.04 (水)
騎兵合同レギュレーション(案)

全般事項
・古代から現代までの騎兵を題材とする未発表のオリジナル作品であること。
・作品形態はテキスト、イラスト又は写真とする。テキストは図版を任意に追加できる。イラスト又は写真はカラーを可とする。
・コミックマーケット92での頒布を目指す。6月11日締め切り。
・作品の著作権は寄稿者に帰属する。なお原稿料は支給しない。完成した本を参加者全員に一部一部ずつ配る。


原稿規定
・テキストの目安は一人あたり10-20ページほど。数ページでも、20ページ以上でも可。注は後注にしてください。
・イラストは1枚から。
・原稿データはInDesignで読み込めるもの。psd、docxやtxtなど。
・解像度は600dpi。


本の仕様
・B5
・オフセット
・100ページほど
・発行部数100部予定
・横書き

ミリタリー | 趣味・実用 | 未分類 2016.02.27 (土)
「第一次大戦中のイギリス騎兵は食料とまぐさを大量に無駄使いした」という言説がある。しかしながら、西部戦線のイギリス騎兵部隊は最高期(1915年)に2,5000名を数え、そのうち19,000名が騎乗者だった。ある統計によると大戦間兵卒4,421名が死亡し、14,630名が負傷した。

イギリス大陸派遣軍が大戦間、弾薬約5400万トンを消費したのに比べて、約5900万トンの馬の飼料を消費したのは事実である。しかしながらイギリス騎兵部隊は英大陸派遣軍全体で6%の馬しか使用していなかった。馬の大部分は砲兵や工兵、歩兵など騎兵以外の部隊が保有していた。

サー・ジェイムス・エドモンズ准将は、英公刊戦史『西部戦線の部1918年』で「敵の最後の機関銃が沈黙するまで乗馬襲撃は不可能である」とのアメリカ将校の言に賛意を示している。しかし、その二十数ページ後、カナダ騎兵旅団による乗馬襲撃の成功を描写している。捕虜230名を取り、砲3、機関銃40を鹵獲したという。

1918年8月8日アミアンの戦い初日、(第3騎兵師団所属の)第7騎兵旅団は捕虜300名を獲得しており、その隷下の第7近衛竜騎兵連隊は乗馬襲撃を敢行して成功している。襲撃を行った連隊の損害は死者5名、負傷者43名と少ない。

弾丸は、突撃する騎兵に対し致命傷を与えることが案外難しく、乗馬襲撃が成功した後で傷を負った馬が死んでしまうことが多かった。歩兵と同じように、西部戦線の騎兵もまた、機関銃によってというより砲兵や鉄条網に前進を阻まれた。






西部戦線での乗馬襲撃も時々行われていて成功している。イギリス騎兵はその戦術というより煩雑な参謀業務により効果を弱めた。

ソンム戦で騎兵を無視したローリンソンはソンム戦の後で一部認識を改め騎兵の有効性を再認識した。

しかしながら、ヘイグは「歩騎砲を中心とした諸兵科連合all armsの快速集団によって、敵線後方の大突破を構想していた」が、ローリンソンは蚕食攻撃bite and holdのために騎兵を使用した。

1917年、ロイド・ジョージにより騎兵の多くがフランスから中東に移された。1918年3月、ドイツ軍の春季大攻勢で、騎兵は後退援護として活躍した。そして8月以後、快速部隊として活躍した。

アミアンの戦いでは、騎兵は戦線の突破に成功しているが、ローリンソンの蚕食攻撃思想のため、歩兵の来着まで陣地保持を命じられた。

1918年8月のイギリス騎兵軍団は14,000名を下回るほどで、1914年に海を渡った騎兵師団よりも少ない。西部戦線の騎兵は、多すぎたというより少なすぎた。

ヘイグは個々の作戦で余計な口出しをしなかった。もしヘイグがもっと強弁に快速集団の運用を主張していたらどうなったであろうか。大成功したであろうか。それともマーケット・ガーデン作戦のようになったのであろうか。それを知るすべはない。



当時、英砲兵の少尉だったBeadleは60年以上前の出来事を回想している。

1916年7月14日、西部戦線のHigh Woodで彼は乗馬襲撃を目撃した。このとき、ランスを持った騎兵たちはHigh Woodへの斜面をまっすぐに駆け抜けていった。とても信じられない光景だ、少尉は思った。

そして、ドイツ軍の機関銃が火を噴き、砲弾が炸裂するや、騎兵たちはみな倒れてしまった。少尉には時代遅れの暴挙にしか見えなかった。機関銃の前にはどんな希望もない。

しかしながら、当事者の騎兵たちの記録では様相がまったく異なる。

乗馬襲撃を行った第7近衛竜騎兵連隊と第20デカン・ホース連隊の2コ中隊は、High Woodへ突撃をかけたのではなく、南にある開けた土地へ横切っていったのだ。突撃自体、決して自殺的というわけではなく、一時的に重要な土地の一部を占領することに成功していた。

その日の両連隊の損害は戦死14名、負傷者60名、加えて馬の損失112頭である。犠牲者の大半は、突撃のあとに生じたものだった。




ミリタリー | 趣味・実用 | 未分類 2013.10.08 (火)
第一章 序論
第一節 クラウゼヴィッツおよび孫子略伝
第一款 クラウゼヴィッツ

 カール・フォン・クラウゼヴィッツは今より150年前、すなわち西暦1780年6月1日ドイツ、マグデブルク市の近傍なるブルクに生まるときはまさに欧州改造の闘争混乱時代にして、齢十二歳にしてすでにプロイセン軍士官候補生となり、翌1793年および94年にはライン軍に属してマインツ要塞の攻囲戦に参加し、1806年イエナ会戦においては擲弾兵大隊長たりしアウグスト親王の副官として参戦し、1808年ないし12年プロイセンの政策軟弱を極めフランス皇帝と連合せんとするや彼は極力これに反対し、敵将ナポレオンのもとに参戦するを潔きとせず、走りて露軍に投じ仏軍に対してボロジノの会戦を行えり。ナポレオン、モスクワに敗るるや翌1813年プロイセン軍に帰参を請願せるもグナイゼナウの仲介もその甲斐なくプロイセン王の許容するところとならず、1813年春季作戦にはロシア将校の資格をもってブルッフェル元帥の参謀部に入るを得たり。彼曰く、「祖国のため勤務するを得るは予の誇りなり。しかもこのごとき不快なる条件の下においてするは、さらに予の誇りを倍化す」と。しかれども、彼がプロイセン軍に籍を有せざることはその手腕を発揮するに幾多の障害ありしをもって、さらにグナイゼナウを介してプロイセン軍への帰参を請願せるも、プロイセン王は依然これを聴許されざるのみならず、かえって大本営にあるをゆるさず、1813年秋季作戦および1814年作戦にはワルモーデン軍団参謀副長として主戦場外に位置しなければならなかった。
 1815年彼はようやくプロイセン軍に復帰するを得たるも幸運は依然として彼を冷眼視し、同年におけるリニー、ワーテルローの会戦においてはチールマン軍団参謀長として次等作戦に終始せり。
 1815年和平回復以後、クラウゼヴィッツはほとんどその天賦の才幹を発揮するの機会なく、1815年より同18年まではライン軍参謀長としてコブレンツにあり、1818年より同30年までは陸軍大学校長としてベルリンにありしも、教育上直接その影響を及ぼすことなく自らの戦史の研鑽に努め戦争学理の研究に没頭せり。
 1830年第二砲兵監に任命せられ、武運拙かりしクラウゼヴィッツにもまた幸運の曙光ようやく認めらるるがごとく、六月革命は戦争再発の兆しを呈し、グナイゼナウを最高指揮官としてクラウゼヴィッツはその参謀総長たるの内命あり。彼は着々その準備を進め、将来モルトケ元帥が実施せる対仏作戦計画の大本を作成せるも開戦に至らず、ついに彼の深遠なる識見もこれを現実に試みるの機なく、翌1831年11月16日グナイゼナウに続きて死亡す。
 クラウゼヴィッツはシャルンホルストおよびグナイゼナウの朋友かつ補助者にして、タウロッゲン条約および東プロイセン国民軍の編成にあたりその才幹を認めらる。シャルンホルストのクラウゼヴィッツに宛てある書簡に曰く「小生を理解し得る者は貴官一人のみ。我らの思想は一致するか、あるいは協調して不変の方向を保持すべしと信じ候」。またグナイゼナウが1817年11月21日ハンデンベルクに宛てたる書簡に曰く「クラウゼヴィッツは異常の才幹により国家の核心を成す人物に候。もし小官にして軍の最高位置を占むるに堪えざるものとせば、喜んで彼の下僚として勤務可仕候」と。もってクラウゼヴィッツの信望を見るべし。
 クラウゼヴィッツの昇進はきわめて迅速にして、30歳にして少佐、34歳をもって大佐、38歳をもって将官となれり。しかも同僚は彼が最高位値に就くべきを信じてあえて羨怨せざりき。
 クラウゼヴィッツの才幹は先輩の認むるところにして同僚の是認するところなるにもかかわらず、彼の一生は必ずしも幸運ならず。戦史はつねに彼を逸し、大事業は一つとして彼の名を冠するものなく、1831年彼がコレラに斃れたるとき、彼の妻およびその少数友人以外は彼の真価を知る者なかりし状態なり。1832年未亡人により出版せられたる彼の遺書『大戦学理』により、世人ははじめて彼が何人なるかを知れり。世人動もすればクラウゼヴィッツは「理論家なり、実戦家にあらず」と非難せんとするものあるは当を得ざるなり。彼は実戦家としてはいまだ試験を受けざる者たりしなり。


ミリタリー | 趣味・実用 | 未分類 2013.08.13 (火)
小沼治夫少将文書。

アジア歴史資料センター
・「路遮断作戦に於ける旅団参謀の体験」
レファレンスコード C11111017300、C11111017400

防衛研究所資料閲覧室
・「日露戦争に観る戦闘の実相 (日本軍の能力特性観察)」
 戦役-日露戦役-62
・「第1篇 陣地攻撃の研究」
 戦役-日露戦役-317
・「小沼歩兵中佐述 実戦場裏に於ける統帥心理の感作 昭和15年1学年」
 中央-軍隊教育教育史料-367
・「小沼歩兵大佐述 戦史に基く日本軍の緒戦に就て 昭和15年1学年」
 中央-軍隊教育教育史料-369
・「小沼大佐講述 上海事変 第1次陣地攻撃」
 中央-軍隊教育その他-298
・「ノモンハン事件に関する小沼メモ 昭14.10~14.11」
 満洲-ノモンハン-33
・「対「ソ」近代戦に関する史的観察 其の他」
 満洲-終戦時の日ソ戦-35
・「状況報告 上奏案 昭和18.4」
 中央-作戦指導上奏-43
・「ガ島における第17軍の作戦」
 南東-ソロモンビスマルク-10
・「第14方面軍司令部バンバン派遣班 発着信綴(抜粋) 昭和20.1~3」
 比島-防衛-772
・「第14方面軍作戦命令綴 (英訳文) 昭19.12~20.5」
 比島-防衛-690
・「小沼治夫氏の文芸春秋 編集部次長 中井勝氏 宛書簡」
 南東-ソロモンビスマルク-200

以上、公開メモ。